スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

11月30日神戸大会 NECvs久光製薬






08/09Vプレミアリーグも1ヶ月が過ぎました。
各チームのファンの方々はどの試合を観に行こうかスケジュールとにらめっこでしょう。
毎週観に行きたいぐらいですが、さすがに予算や仕事の都合も有るのでそこまでは無理だと思っていましたが、ここに来て若干観戦数が増えそうです。

12月は13日の滋賀の東レvsデンソーのみのはずだったのですが、6日の赤磐大会も行く事になりました。
全く急な予定なので仕事の帰りにチケットを買いに行き何とかゲット出来ました。

この岡山県赤磐大会はシーガルズのホームゲームですが、2試合目にパイオニアとトヨタ車体が対戦します。
久しぶりのパイオニアが見れるので今から楽しみですね。
メグは6月の全日本の試合以来なので、また一味違ったチームでのプレーを早く見たいです。
そして来月の神戸のJT戦を観に行く予定なのでパイオニアをシッカリ研究したいと思います。



11月30日はグリーンアリーナ神戸で久光vsNECとデンソーvsシーガルズがありました。
優勝候補が軒並み揃った感のある大会ですが、久光のホームとあって凄い数の応援が来ました。
スタンド席を4分の3を埋め尽くす数で、真っ青でした。
グリーンアリーナ神戸は好きな会場の一つなので、居るだけでウキウキします。


            狩野舞子が涙した、NECvs久光製薬戦の様子



美幸、握手


久しぶりに狩野美雪のユニ姿を見ました。
試合前の練習にも以前と変わらない動きで、この試合に出ると確信しました。
まずは控えのピンサでしたが、スタメンで出てくる日は近いでしょう。


            試合前、久光


山本愛も久光にだいぶ馴染んできてました。
ベテランだけで無く、若手にも仲良さそうに話していて、元々久光の選手かなと錯覚するぐらいですね。
狩野舞子は少し元気が無かったです。
最近の成績を気にしているのでしょうか。


スギ対ユウ

やはり山本愛とNECの絡みが見所でした。

序盤はやや硬い久光がNECに流れを渡さないように必死に繋いでいる感じで進みます。
山本愛が前衛で居る時は杉山や高橋との対決が会場を沸かせました。


舞子、サーブ


得意のサーブでNECを攻める舞子。
しかし舞子はなかなか自分のプレーがさせてもらえず、歯がゆい感じがしました。
コートの中を動き回ってるだけの時間が長かったです。


シン、我慢する


高橋みゆきも苦しい試合になりました。
体調が悪いのか、度々交代で有田沙織と代わりましたが、4セット目には早く来てと手を振り有田を急かしてました。
ベンチに座ってる時も、うつむいてジッと耐えているようでしたね。

久光は1セット目は25-23で、接戦の末先取出来ましたが危なっかしい展開でした。


内田、打ち切る


2セット目、NECは澁澤夏美に代えて内田暁子が入りました。
これでNECに流れが出来ましたね。
足の調子も良さそうで、動きも悪く無かったです。


トム、ガックリ


トムも頑張ってましたが、マークがきつく、バックアタックもかなり出してました。
その分、体力の消耗も激しいのでしょう。
息が上がってました。

でもレシーブも上手いので凄い選手ですね。
JT戦が楽しみです。


タイム中の秋山


秋山美幸も良かったです。
スギさんへのトスがいい感じに見えました。
NECは攻撃のレパートリーが多いのでセンターやサイドでばらつかせて上手く使ってました。

タイム中、秋山はジッと何かを見つめたまま考え事をしていたのが印象的でしたね。


2セット目はNECのリードのまま、25-20でNECが取り返しました。


試合中1

3セット目は狩野舞子に代わって小山修加が入りました。

張り切ってましたが、勢いに乗ったNECはいきなりリードを拡げ、ピンチの久光。
しかし中盤から追い上げていきます。


シン対ユウ


高橋のスパイクをブロックする山本愛とトム。
凄いぶつかり合いです。
夢の激突の実現に感激しました。



ユウ、ガックリ


山本愛も久光に入って半年余り、よくここまで戻せましたよ。
2年のブランクはさすがに以前の大友愛の頃には戻れませんが、7割ほどまで戻せてる様に思いました。
でも、サーブミスした時は昔の嫌な思い出が蘇りましたね。

3セット目は小山がブロックされても打ち続け会場が大盛り上がりでしたが、25-18でNECが
連続で取りました。


舞子、バックトス

4セット目は、再び舞子が戻され頑張りましたが、やはりNECのペースは崩せません。
何と、先野久美子も平井香菜子と交代で出てました。
久光は、やれる手を全て出してる感じがしました。

ピンサで出た姉さんも援護しますがNECはフォフイーニャで攻めて効果発揮。
点差も開きますが、後半になると頑張って追い上げます。


舞子、ガックリ


終盤、久光は逆転するのかと思わせましたが、力及ばず4セット目も25-21で取られました。


久光敗北


負けた瞬間、ガックリ落ち込む先野と佐野。
試合自体は面白かったですが、ホームで沢山のサポーターに来て貰いながら負けてしまって申し訳無さそうな選手とスタッフ。

前日、武富士に勝っていたので連敗はストップしていましたが、ここでも勝っておきたかったので痛い敗北です。


舞子、涙する


舞子は涙ぐんでました。

やはり不甲斐なく思っての事でしょうか。
2年目のジンクスと言えばそうかもしれませんが、前回はアキレス腱断裂で途中から欠場でしたし、波乱のバレー人生です。


試合後、舞子


試合後にホームゲームのサービスでミニサインボール投げがあり、選手は正直キツイだろう
と思いました。
勝ち試合の後ならともかく、負けた後のボール投げはねぇ・・・。


舞子も涙を拭いて、笑顔でボールを投げてましたが、心ここに有らずで落ち込んでるように感じましたが、複雑な思いで見てましたよ。
舞子にはこの苦境を乗り切って欲しいです。

2シーズン前の、あの強すぎて憎らしかった久光が今、苦しい立場にいます。
ですが、まだ1レグの終盤なので、立ち直せる時間は沢山ありますし、大村や先野のセンター陣やキャプテンの狩野美雪の完全復帰した時にどう変われるかですね。



次回はトップ対決のデンソーvsシーガルズの様子を載せます。
以上です。









スポンサーサイト
  1. 未分類
  2. TB(0)
  3. CM(0)
<<デンソーvsシーガルズの様子 | ホーム | 11月最後の週末、岸和田大会の様子>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yakinori707.blog46.fc2.com/tb.php/288-2840b331
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。