スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

23日のトヨタ車体vs久光製薬の様子





金沢に4チームが熱戦を展開し選手達は皆、素晴らしい活躍を見せてくれました。
今回、2日間の観戦で私が思うMVPは濱口華菜里ですね。

試合の流れの中でキラリと光る好プレーを見せてくれましたし、派手さの無いポジションながら存在感を出してました。
早い流れで、好プレーが流されがちですが、凄いなぁと感心しつつ試合を観てましたね。
全日本の佐野優子にも匹敵するリベロだと思いますし、東レに無くては成らない選手だと思います。



リー、練習中


開幕戦から気にはなってましたが、今回改めて、その実力が本物だと確信しました。
日本のリベロは優秀な選手が多いですが、アタッカーが花形プレーヤーでリベロはあまり目立ちませんが、もう少し脚光を浴びて欲しいですね。

これからも注目していますので頑張って下さい。



              佐野が泣いた、トヨタ車体vs久光製薬


23日の1試合目はトヨタ車体vs久光製薬の試合です。
前日まで0勝4敗のトヨタ車体は追い詰められた感じですが、気合は十分です。
久光製薬は2勝2敗で迎えた5戦目、まだ余裕が感じられました。

1時の試合開始なのですが、開場が10時半ぐらいに繰り上げて体育館に入れました。
その分、沢山選手の練習を観る事が出来て面白かったです。


佐野、レシーブ


リベロの佐野優子はコーチの強打をレシーブして観客から拍手が起こりました。
凄かったですよ、ボーンと大きな音が響いてボールをキャッチし、流石だなぁと見惚れました。


狩野姉妹練習中


狩野舞子は怪我で欠場中の姉の美幸とレシーブ練習をしてました。
2人揃っての練習姿は珍しいので興味深かったです。
何やら姉さんがアドバイスしたり、舞子も言葉を掛けたりで姉妹の仲の良さを見れました。


久光整列

試合前のセレモニーが始まり、いよいよ試合開始です。
高さがありますね久光は。

トヨタ車体は180以上の選手はレナタ以外は山本陽子しか居ません。
やはり久光の有利は動かしがたいですね。


平井、速攻

1セット目は久光ペースで進みました。
いきなり大量リードでトヨタ車体を追い込みます。

平井香菜子が調子良いようで、速攻が決まってました。
大村加奈子や先野久美子が不調な時だけに、若い平井が活躍するのは良い傾向ですね。


トム、スパイク


この日もトムは打ちまくり、拾いまくりです。

橋本直子が前日に足を痛めたようで、この日はセッターに三上彩が入って高さを生かしたトスワークでアタッカー陣を操りました。

1セット目は25-16の大差で久光が先取。


兵頭スパイク


2セット目からは接戦になりました。
トヨタ車体はキャプテンの都築有美子が大活躍です。
レナタは打ち屋専門ですが、レグはキャッチも拾う事も出来ます。
素晴らしい選手ですね。


レナタ、服部に交代


四天王寺出身の服部鮎弥は小粒ながらジャンサを打つし、スパイクも強烈です。
控えながら、出番があると良い仕事をしますよ。
このセットは逆転の繰り返しで最後はデュースになり29-27で粘り勝ちのトヨタ車体が取りました。

1-1になりトヨタ車体の雰囲気が俄然良くなって来るのが分かりましたね。


起き上がりトム


そして3セット目はお互い相譲らず、久光リードの序盤でしたが、中盤からトヨタ車体が追い上げ逆転。
凄い追い上げに会場が大いに盛り上がりました。

これぞライブの醍醐味です。

田原、サーブ


新人の田原知奈は山本陽子と交代でサーブを打ちます。
この選手は独特のサーブの構えをします。
個性的ですが、効果的なサーブを打つので期待されてますね。
この日は2度出番がありましたが、1回失敗して勿体無いなぁと思いました。


ネット際の押し合い


3セット目終盤もトヨタ車体が粘り勝ちして27-25のデュースの末取りました。
20点を超えてからのお互いの攻防が観ていてスリリングでとても面白かったです。


レグ、活躍

4セット目はトヨタ車体がリードする展開でした。
気合がみなぎる車体の選手はイケイケムードでコートを駆け回ります。
レグは4セットも活躍しました。

ミドリ、決める


3セット目から高橋翠がコートに入ってましたがベテランらしい巧みなプレーで久光陣営を翻弄。
舞子もキャッチ出来ずに悔しがります。


久光はベテラン主力組が欠場し若手や中堅で頑張りましたが、最後は力及ばず。
4セット目は久光20点まで行けず25-17でトヨタ車体がセットカウント3-1で今期初勝利。


レナタ抱き合う


試合後は選手同士抱き合い喜びを分かち合いました。
レナタはキキや山本陽子とハグしましたが、顔は紅潮し真っ赤でした。


レグ、試合後インタビュー


インタビューに応えるレグ。
内容はチーム一丸となってこれからも頑張るみたいな感じだったと思います。


佐野、泣く


久光はこの金沢大会は2連敗になりました。

試合後、佐野優子が泣いていましたね。
全日本選手が涙するとは余程の事だと思います。

主力が怪我で出ていない分、自分が若手や新メンバーを引っ張って試合に望み、負けてしまって、責任を感じているのでしょうか。

佐野自身のプレーが悪かったとは思いませんが、チームの負けは自分の負けなのでしょう。
世界一のリベロが泣いている姿は少しショックでした。

ですが、久光がこのまま終る訳は無いので同情はしません。
我らのJTマーヴェラスの強敵なので気を緩める訳にはいきませんよ。

佐野優子はどん底から這い上がって全日本に入った凄い選手です。

琴絵やココも打倒佐野優子を果たすまで拾って繋いで勝ちまくれ!
これからも佐野優子には他のリベロの高い目標であって欲しいです。
悔し涙はこの日で最後でしょう。



次回は23日の東レ対シーガルズの試合を載せる予定です。

以上です。










スポンサーサイト
  1. 未分類
  2. TB(0)
  3. CM(0)
<<23日の東レ対岡山シーガルズの様子 | ホーム | 白熱の金沢大会>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yakinori707.blog46.fc2.com/tb.php/285-3ceaccff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。